2018年11月23日金曜日

Orinoco Flow:Enya



オリノコ川へ 漕ぎ出そう
トリポリの海岸を 目指し
漕ぎだして私は あなたにたどり着く
 
黄海を超えて あなたの元へ
De de de de de...
Sail away,sail away,sail away
 
ギニアのビザウからパラオ
伝説のアヴァロンまで
フィジーからスコットランド・タイリー島
エボニー・アイランドまで
 
ペルーからセブ島へ
古代バビロンの栄光を感じて
パリからサンティアゴ・デ・カリ
オーストラリアのサンゴ礁
 
De de de de de...
大きく旋回して ごきげんよう!
Sail away,sail away,sail away
 
南から北へ向かう
スーダンのハルツームから
スコットランド・エビュディー島まで
 
厚い雲の海を越え 月の島まで
波に乗り 見たこともない場所へ
波に乗り まだ見ぬところへ
 
きっと行ける オリノコ川から
ロブ・ディキンズみたいに舵を握り
 
Sail away,sail away,sail away
Sail away,sail away,sail away

2018年11月1日木曜日

The Shape I'm In:The Band



出かけよう 安らぎのある場所へ
大騒ぎして ダウンタウンに来た
ああ 君は本当の俺を知らない

彼女を見なかったかい?
孤独は俺を 苛むんだ
ああ 君は本当の俺を知らない

俺は 流れに従って生きる
だが 呑み込まれるわけじゃない
俺は 女神を探しているところだ
天使はかつて 天国にいたんだろ?

俺は9イニングスの 7回裏にいる
どうやったら たどり着けるんだろう?
ああ 君は本当の俺を知らない

無銭飲食で 6日間 豚箱にいた
今 自由の身になって
何処にも 行く当てがない

自分のために生きるのか?
他人のために生きるのか?
両方のために生きるのか?
ああ 君は本当の俺を知らない

2018年10月6日土曜日

Down Under:Colin Hay



壊れかけたワゴンで
何も考えず 気楽な旅
僕をイライラさせる
不思議な女に会った
彼女は朝飯をおごってくれた
それから 彼女は言った

あなたはオーストラリアから来たのね
情熱的な女と 略奪者の国
ねえ?聞こえる 雷の音が
早く逃げて!隠れた方がいいわ

ブリュッセルのパン屋は
2メートル近い大男だった
僕の言ってることわかる?と聞くと
彼は笑いながら 僕に
ベジマイトサンドイッチをくれた

俺はオーストラリアから来たんだ
情熱的な女と 略奪者の国
なあ 聞こえるかい?雷の音
今のうちに逃げて 隠れた方がいいぜ!

ボンベイのむさい部屋にいたとき
アゴがガタガタでうまく話せなかったが
 部屋にいた男に言った
「悪事に引き込もうとしてるだろ?
 僕が略奪者の国から来たから」。

君はオーストラリアから来たの?
情熱的な女と 略奪者の国?
雷の音が聞こえるだろ
早く逃げた方がいい 隠れた方がいい

2018年9月20日木曜日

Up On Cripple Creek:The Band



お察しの通り 山を降り
俺が行きたい所といえば
ミシシッピを下ってメキシコ湾へ
 
ルイジアナのレイクチャールズ
かわいいベッシーが走って来て
「お望みは何かしら?」
 
ベッシーは俺を仕事に送り出す
落ち込んだときには なぐさめてくれる
話さなくても わかってくれる
どうせ 酔っぱらいの戯言だ
 
幸運は俺をヒリヒリさせる
競馬を見に行くと いつも
彼女はお目当ての馬券を買って
そしたら俺は 違う馬に賭ける
 
オッズは俺に有利だった
俺は5倍の馬券を握っていた
奴が最終コーナを回ったとき
俺は勝ちを確信したね
 
ベッシーは俺を仕事に送り出す
落ち込んだときには なぐさめてくれる
話さなくても わかってくれる
どうせ 酔っぱらいの戯言だ
 
勝った分を換金して
ベッシーに半分渡したけど
全部スッちまって
俺の面目 丸つぶれ
もう笑うしかないのさ
 
この世の中に一つだけあるもの
それを確かめたい 彼女がドーナツを
俺のお茶に浸す時なんかに 優しさを感じるんだ
 
ベッシーは俺を仕事に送り出す
落ち込んだときには なぐさめてくれる
話さなくても わかってくれる
どうせ 酔っぱらいの戯言だ
 
仲間の待つ スタジオへと戻った
スパイク・ジョーンズの仕事がある
彼女は「話は面白いけど、彼が望むようには歌えない」
 
それを聞いた時は残念だった
けど 俺は別の方法を考えた
ベッシーに辛くあたれない
 
ベッシーは俺を仕事に送り出す
落ち込んだときには なぐさめてくれる
話さなくても わかってくれる
どうせ 酔っぱらいの戯言だ
 
それから 暖かなカリフォルニアへ行った
北部は凍えるくらい寒いから
いつものやり方とは違うけど
懐かしい気分になるな
 
それから 電話して
「ビックママに俺が来てると伝えてくれ」
ママがいくらかでも 俺に興味があることに
賭けてみた それからまた
ベッシーのところへ戻ったんだ
 
ベッシーは俺を仕事に送り出す
落ち込んだときには なぐさめてくれる
話さなくても わかってくれる
どうせ 酔っぱらいの戯言だ

2018年9月12日水曜日

Dh’èirich mi moch, b' fheàrr nach do dh’èirich:Julie Fowlis



可愛らしい 我が妹
愛おしい 我が妹よ
悲しまなくてよいのです
お別れの夜が来ても

草ぶきの屋根の隙間から
丘に降る雨が浸みてくる
低い屋根の窮屈な家
私は貧しく弱い人間です

駁毛(ぶちげ)の馬に乗り
シュグロバインの丘を
登ってみたけれど
私の求めていたものは
見つかりませんでした

金色の雛菊のような髪の
愛おしい 我が妹よ

Touch The Sky:Julie Fowlis



冷たい風が私を呼ぶ
明るく晴れ渡る青空
霧深い山は歌い招く
私を 光へと導け

私は風に乗り 空を飛ぶ
風を追いかけて空に届け
風に乗り 風を追いかけ
空を渡り 天上に触れる

暗い森は秘密を隠してる
山は大きく 荒々しく
神秘の湖は失われた時を映す

私は古の物語を聞き
自分自身の夢を見つけた
嵐の海のように強くなりたい
高い鷲のように強くなりたい

私は風に乗り 空を飛ぶ
風を追いかけて空に届け
風に乗り 風を追いかけ
空を渡り 天上に触れる

2018年7月25日水曜日

May It Be:Enya

深淵をのぞくとき、深淵もまたあなたを見ている。⇨ ニーチェ



宵の明星が輝く限り
暗闇が訪れても
あなたの心が真実であるなら
あなたが一人ぼっちで
故郷から遠く離れていようと

闇の中を歩くとも
信念を失わないなら
道を失うことはない
深淵に落ちたとしても
希望はいつも傍にいます

闇の誘惑を退けるなら
あなたの旅は光に包まれる
夜が退いて あなたは
太陽を見つけるために立ち上がる

闇の中を歩くとも
信念を失わないなら
道を失うことはない
深淵に落ちたとしても
希望はいつも傍にいます

希望はいつも傍にいます