2019年6月15日土曜日

Masters of War:Bob Dylan



戦争の親玉は
銃をつくり 戦闘機をつくり
爆弾をつくって 壁の後ろに隠れる
机の下に隠れる でも
あなたに知っていてほしいことがある
仮面の下の顔は透けて見えるということ

戦争の親玉は
創造的なことは何もしないで
破壊することばかりする
世界をもて遊ぶ
無邪気な子どものように
若者に銃を与え 自分は逃げる
踵を返して一目散に

話に聞く裏切り者のようだ
嘘と欺きで生きている
戦争には勝利できると
ぼくたちに信じ込ませる
でもあなたの魂胆は透けて見える
透明な水の中のように
そんなものに意味なんかない

紛争の引き金を引かせて
背後に潜んで見てるだけ
あなたは豪邸に隠れて
死者の数を数える
若者の血は体から溢れて
泥の中へ染み込んで行く

あなたは最悪の恐怖をもたらす
生命を生み出すことへの恐怖
名前さえない未来の子供を脅かす
あなたの血管に流れる血は
人間のものではない

知ったような口を利くな 君は
まだ若くて世間知らずだと
あなたは言うだろう
でも確実なことが一つだけある
ぼくはあなたより若輩ではあるけど
あなたのすることは
キリストでさえ許さないということ

一つだけ聞きたいことがある
あなたの富はそんなにいいものか?
金ですべてが許されるとでも?
あなたの命が終わりを迎えるとき
あなたは知ることになるだろう
全財産を使っても
魂を買い戻すことは出来ないと

あなたは いなくなったほうがいい
あなたは やがていなくなる
淋しいある日の午後 ぼくは
あなたの棺について行って
墓穴に埋められるのを見守る
それからあなたの墓の上に立ち
あなたが 確かに埋められたか見届ける

2019年6月13日木曜日

Forever Man:Eric Clapton

僕の歌には、恋愛に関するものも多い。多分、僕はロマンチックな人間なんだと思う
⇨ エリック・クラプトン



いつになったら わかってくれるんだ
いくつの ハードルを越える必要がある?
どれだけ 話し合わなければならないんだ
君のパパと 話ができるまで
直接 会えるようになるまで

愛してるって 何度言えば気が済むの?
君が完全に 納得できるまで
ずっと一緒に いてくれないか?
ぼくは 君と死ぬまで一緒にいたい
いつでも そう思ってる

愛してるって 何度言えば気が済むの?
君が完全に 納得できるまで
ずっと一緒に いてくれないか?
ぼくは 君と死ぬまで一緒にいたい
いつまでも そう思ってる

Forever man, forever man, forever man (forever man)
Forever man, forever man, forever man
I'll try to be your forever man
Forever man, forever man, forever man (forever man)
Forever man, forever man, forever man (forever man)
Forever man, forever man, forever man (forever man)
I'll try to be your forever man

2019年6月11日火曜日

Spirits In The Material World:The Police



誤った方向に向かう世界を
政治は修正できない
流血革命は御免だけど
体制は信用できない

僕たちは物質世界のスピリッツだ
唯物論の世界を生きる「魂」だ

為政者は言葉巧みに挑発し
人々を投獄しようとする
黙って服従するしかないのか

彼らの言葉は衰退のレトリック

そして僕たちは物質世界のスピリッツだ
唯物論の世界を生きる「魂」だ

答えはどこにある?
日々の生活の中で
売買できないものを見つけたら
それこそ新しい未来かも知れない

だって僕たちは物質世界のスピリッツだから
唯物論の世界を生きる「魂」だ

2019年6月9日日曜日

Box of Rain:Grateful Dead



どの家の窓からだって
それぞれの朝 それぞれの夜 日々の生活がある
太陽はこれからも輝き続け 鳥は渡り続ける
雨は天国から降ってくる

君が求めていることを
君の為にしてあげよう
最後まで君を見守っていよう
すべての夢がかなうように
私たちは遠い昔の午後 同じ夢を見た

どの家の玄関からだって 
それぞれの一日 それぞれの人生
そして 昨日そうしたように
進むべき道を見つけるだろう
いくつもの曲がり角で
私と再び会うはずのところで

君は私に何をしてほしい?
私は何を気にかければいい?
あなたが眠りに就くとき
その時が来ても怖がることはない
君は同じ夢を見る私を見つける

自分のことは自分にしか分からない
誰にとっても同じことさ
明日になれば 君にも分かる
別の良い方法があるってことが
家に戻る間にも分かるはずだ

君が求めていることを
君の為にしてあげよう
最後まで君を見守っていよう
すべての夢がかなうように
私たちは遠い昔の午後 同じ夢を見た

きらきら光る光の中に入ってみなさい
君は1インチずつ
彼岸へ向かう夢の中を歩く
君が疲れ果て一文無しだとしても
君が混乱して まとまりを失くしても
言いたいことの半分も言えなくても

君は私に何をしてほしい?
君の人生を見守るために
「雨の箱」は痛みを和らげてくれる
慈愛の雨は君に降り注ぐ

それはまるで 空に浮かぶ恵みの箱だ
風と雨が必要ならば それを信じてゆけ
君は それを手放してはいけない
降り注ぐ太陽の光と風と雨
人は窓から自由に出入りする
ランプに集まる夜の蝶のようなものだ

それはちょうど「空にある箱」のように
誰がそれを用意するのか人には分からない
君が必要ならば それを信じるしかない また
君に勇気があるなら それに頼らなくてもいい
それはちょうど「恵みの箱」のようなもの
あるいは君の髪を飾るリボンのようなもの
過ぎ去ってゆく長い長い時間
そして今ここにある瞬間

2019年6月7日金曜日

You're so Vain:Carly Simon



彼はアプリコットのスカーフを巻き
帽子を斜に被り片目だけのぞかせて
ヨットの上を千鳥足で歩くようにパーティーに現れた
それから片目で鏡に映る
ガボットを踊るように歩く自分自身を見ている
そして女の子はひとり残らず
彼のパートナーを夢見ている

だからあなたは中身のない人なの
あなたはこの歌が自分自身の歌だと思うんでしょ?
あなたは自分自身が分かってないのよ!
この歌が自分のための歌だと思うに違いないもの
どうなの?どうなのよ!

私がまだ若くて怖いもの知らずのとき
二人は相思相愛で絶対に別れないと
彼は言った でもそれは真っ赤な嘘で
私はあまたの女の子の中の一人でしかなかった
私は短いあいだ夢を見ただけ
彼にとって女の子はコーヒーに浮かぶ
ホイップクリームのようなものなの

だからあなたは中身のない人なの
あなたはこの歌が自分自身の歌だと思うんでしょ?
あなたは自分自身が分かってないのよ!
この歌が自分のための歌だと思うに違いないもの
どうなの?どうなのよ!

私は短いあいだ夢を見ただけ
彼にとって女の子はコーヒーに浮かぶ
ホイップクリームのようなものなの

だからあなたは中身のない人なの
あなたはこの歌が自分自身の歌だと思うんでしょ?
あなたは自分自身が分かってないのよ!
この歌が自分のための歌だと思うに違いないもの
どうなの?どうなのよ!

あなたはサラトガへ
自分の馬があたりまえに勝つのを見に行く
それから自家用ジェットでノヴァスコシアへ
皆既日食を見に行くんですって
あなたは場所も時間も
ぜんぶ自分のためにあると思ってる
あなたは必要な時はそこにいないのよね
まるで極秘情報機関のスパイとか
親友の奥さんみたいにね

だからあなたは中身のない人なの
あなたはこの歌が自分自身の歌だと思うんでしょ?
あなたは自分自身が分かってないのよ!
この歌が自分のための歌だと思うに違いないもの
どうなの?どうなのよ!

だからあなたは中身のない人なの
あなたはこの歌が自分自身の歌だと思うんでしょ?
あなたは自分自身が分かってないのよ!
この歌が自分のための歌だと思うに違いないもの
どうなの?どうなのよ!

2019年6月5日水曜日

Hill of Thieves:Cara Dillon



長い間 私は忘れていた
グレンシェイに連なる丘のこと
この丘の岩と 丘に降る雨
小さな修道院の壁に 安らかな魂が眠るところ
そして風が こう歌うのです
そんなところにいないで帰ってきなさい

町へと流れる 川のざわめき
豊かに流れるロー川は 
言葉にならない 歌を歌い
あなたはオカハン一族の栄華を知るでしょう
さあ、我らと共にバナディグレイ渓谷へ行こう

はるか昔 勇者ウルフハウンドが
剣を携え 独り歩いた大地
一族の血は いまだ絶えず
すべての川の流れと アイルランドの渓谷に
そして 盗賊の丘の麓には彼らの城がある

長い間 私は忘れていた
グレンシェイに連なる丘のこと
この丘の岩と 丘に降る雨
小さな修道院の壁に 安らかな魂か眠るところ
そして風が こう歌うのです
そんなところにいないで帰ってきなさい

2019年6月4日火曜日

The Parting Glass:Cara Dillon



今まで稼いだお金は全部
気の合う仲間で使ってしまった
私がしたことで誰かを傷つけたのなら
他の誰でもない 私一人に責任がある
いつも出たとこ勝負だったから
今となっては思い出すこともできないが
別れのグラスを満たそう
おやすみ そして
喜びが共にありますように

苦労を共にした友人は
私が去ることを残念に思うだろう
私が愛した人たちは
せめて後一日だけと祈るだろうが
時が満ち 神に召されるのだから
引き止めてはいけない
私は静かに体を離れ あなたに囁く
おやすみ そして
喜びが共にありますように

酒は飲んでも飲まれるな
喧嘩したって死ぬまでやるな
娘らを追いかけていた息子たちも
もうすぐ戻ってくるだろう
でも物事には必然がある
始まりがあって終わりがある
別れのグラスを満たそう
さようなら そして
喜びが共にありますように

別れのグラスを満たそう
さようなら そして
喜びが共にありますように